食べ歩き好き夫婦のながのグルメ

ガッツリ系が好きな夫だいずと、ヘルシー志向な妻りんご。猫好き夫婦が長野県千曲市、上田市、長野市を中心に食べ歩いてます。たまに県外も。

栗ようかん、りんご食べ比べ

\初めての方はこちらをどうぞ 

 

りんごに栗に、長野の秋は美味しいもの満載ですよね!

県外の友人にもおすそ分けしたいと思い、最近意識的に長野県の名産物を楽しんでます。


★まずは「りんご」秋映VS名月!

やっぱりスーパーで売っているものよりも直売所の美味しさは別格です。
須坂の直売所へとうかがいました。f:id:cumicumi100:20191105084559j:plainりんご園を見ると「赤毛のアンだ~」と思ってしまう、若干イタイ30代後半です(笑)

青りんごってボケやすいって思いませんか?

(注:りんごがボケるって方言と知らなかった!シャキシャキ感がなくなる、という意味ですね)

普段青いりんごは買わないのですが…

この果樹園で試食した「名月」という青りんごが美味しくてびっくりしました!

シャキシャキと固めで果汁がたっぷり!
これを食べた後に、これまで一番美味しいと思っていた「秋映(あきばえ)」を食べるとちょっと物足りなさを感じるほどです。f:id:cumicumi100:20191105084600j:plainそう、お隣の赤いりんごは「秋映」です。
こうして「名月」と比較するとシャリ感や果汁量はちょっと少ない気がしますが、やっぱりりんご本来の味わいがあります。

昔りんごの種類なんてフジ、ツガル、紅玉くらいだった気がしますが、最近は知らない名前が続々出ていますよね!

 

名月・秋映カットの図。
我が家ではりんごは皮つきです。f:id:cumicumi100:20191105084602j:plain皮に一番栄養があるんですっ!
味も濃厚で美味しいんですっ!
ケチってるわけじゃないんです。…という必死の言い訳(笑)

 

秋映えが一般的なのに対して、「名月」はなかなかスーパーには並ばないかもしれませんが、見かけたらぜひお試しください♪

今年は、この秋映えと名月セットを県外の友人に送ります。

 

★栗ようかん食べ比べ

さて、こちらもいざ人様に贈ろうとすると迷う「栗ようかん」。

有名どころは

➀小布施堂

obusedo.com

②桜井甘精堂

www.kanseido.co.jp

③竹風堂

chikufudo.com

あたりでしょうか?

小布施ICの道の駅に寄ったところ、ちょこちょこと小分けようかんを購入できたので食べ比べです!

 

これまで知らなかったのですが、「栗庵風味堂」さんの「ちび栗ようかん」もあったので、4種類のバトルとなりました。

www.fumido.co.jp

f:id:cumicumi100:20191105084606j:plainお値段は…

小布施堂 3本入り/627円

桜井甘精堂 1本/238円

竹風堂 2本/388円

栗庵風味堂 1本/238円

オットだいずはようかんがあまり好きではないようなので、どれも最小単位で買ってきました。

 

竹風堂(左)と甘精堂。f:id:cumicumi100:20191105084607j:plain竹風堂は若干剥きにくかった!

 

小布施堂(左)と栗庵風味堂。f:id:cumicumi100:20191105084609j:plain小布施堂は透明感があって栗の粒々がよく見えます。

さて、食べてみての結果は…

=====

オットだいず評価

1位:竹風堂
2位:小布施堂
3位:栗庵風味堂
4位:桜井甘精堂

 

りんご評価

1位:桜井甘精堂
2位:栗庵風味堂
3位:竹風堂
4位:小布施堂

==

ほぼ真逆!!
いや~、何の参考にもならず申し訳ないです!

 

強いて言えば、切りづらいくらいに「ねっとり・こってり」が「桜井甘精堂」で、私が4番と評価した「小布施堂」はあっさり水ようかんみたいな感じ。

こってりと甘いものが好きなりんごタイプの方はぜひ桜井さんを、あっさり系が好きな方は小布施堂・竹風堂をお選びください、といったところでしょうか。

 

小布施に行ったらぜひ食べ比べしてみてください。

今回はようかんだけでしたが、それぞれのブランドの真髄は店舗にあり、と思っています。

小布施堂のお食事処は誰をお連れしても恥ずかしくない雰囲気もお味もよいところだし、桜井甘精堂のティールーム「栗の木テラス」は日本紅茶協会認定店でアンティーク家具が素敵なお店。

また今後店舗でのお食事&甘味巡りもUPできたらと思います!

 

それでは、今回は食べ歩き、ではなかったですがお楽しみいただけたら幸いです!

お付き合いありがとうございました^^